ライブ/イベント等出演のご依頼は♪

  • ライブ/イベント等出演のご依頼はこちら⇒⇒puamalina@mailele.net

2008年2月12日火曜日

★木に咲く一輪の花

あの場所に咲くために夕べシンシンと降った雪を今朝キラキラと輝かすお日様に向かってブルブルと震えながら一輪の小さな花が背伸びすると・・・・

どこまでも青く澄み切った大空から銀色に輝く翼が舞い降りていじらしいその花を背に乗せ再び空高く舞い上がって東の彼方へ一筋ビュンと・・・・

陸はうしろへどんどんどんどん海の上高くどんどんどんどん雲を突き抜けどんどんどんどん島を飛び越えどんどんどんどん東を目指してどんどんどんどん花を乗せてどんどんどんどん・・・・

雨がサララサララ風がヒョロロヒョロロ雲がウォモロウォモロ夕日がルルアルルア星がキキリキキリ月がラムムラムム夜がシュシュルシュシュル朝がシィーー・・・・

見えてきたおっきな陸地だけどそんなものおかまいなくまだまだ飛んで花を乗せて翼を伸ばしてもっと飛んでおっきな陸地を飛び越えちゃったらまた海に出たけどだんだん低くなってきたら見えてきた小さな小さなかわいい島に・・・・

ようやく降り立った銀色の翼は花を降ろすとまたどこへともなく飛んで行き残された小さなかわいい花はちょっと途方に暮れそうになったけどそれもすぐに消し飛んですぐに幸せいっぱいになったんだ・・・・

だってふと気づいてみればずっとそうなりたいって思ってたあの素敵なおっきな木にたった一輪自分だけがゆったりと穏やかに咲いてたから・・・・・・・・・・

0 件のコメント: